公益財団法人池田20世紀美術館は、ニチレキ株式会社(旧 日瀝化学工業)の創設者である故池田英一氏が、個人資産を寄付して設立開館した美術館です。

美術館のご紹介Introduction

わが国初の本格的現代美術館です。

わが国初の20世紀美術館が、1975年5月伊豆の一碧湖けやき通りにできました。この美術館の土地、建物と約1400点の所蔵作品の大半は、ニチレキ(株)の創立者池田英一氏が寄付したものです。

建物の特色

彫刻家井上武吉氏の設計で、展示館外壁は日本ではじめてのステンレススチール張り。入口から出口まで有機的に連なるユニークな空間造形となっております。作品が大へん観賞しやすい美術館です。

所蔵作品の特色

20世紀に制作された絵画・彫刻で《人間》をテーマとするものを中心に約1400点収蔵しています。館内には、ルノワールをはじめ、ボナール、ピカソ、マチス、レジェ、シャガール、ウォーホル、ミロ、ダリ、デ・クーニング等、外国巨匠の大作、秀作を常設展示しております。また、1階展示室では3ヶ月に1回特別企画展を行います。

作品の解説

予めご連絡をいただければ、館長又は館員が解説を行います。

入館料(消費税含む)

個人 15名以上
一般 1000円 900円
高校生 700円 630円
中・小学生 500円 450円

2014年4月1日より
障害者手帳をお持ちの方は半額になります。
(付添者1名まで)