ロメンキャッチャーVP

段差量・路面画像取得システム

調査・コンサルティング

概要

ロメンキャッチャーVP(段差量・路面画像取得システム)は、苦情対応や巡回点検の支援を目的に開発しました。
路面・沿道画像と加速度波形を距離整合させたデータとして収集し、
VP-Viewer(専用ソフト)」にて表示・検索・集計が可能となります。

#

特長

道路舗装の苦情原因となる、路面の凸凹や段差が発生しやすい橋梁ジョイント、及び施工継ぎ目等で生じる車両の上下振動を加速度計を用いて収集し、段差相当量として算出します。通常の加速度計による調査は一定速度で計測する必要がありますが、ロメンキャッチャーVPは、時速20km~60kmの範囲で、段差の大きさを捉えることができます。

  • 加速度データを取得
  • 交通規制をせずに段差相当量を算出
  • 路面画像による段差箇所の原因確認
  • 振動発生位置の特定

このシステムは連続的な段差測定を可能とすることで、広範囲な管内を対象に、道路舗装の平たん性不良等、車両振動の大きく発生する位置を低コストで検知します。