エマルテック遮水工法

常温型散布式遮水工法

環境 景観 安全性 経済性 耐久性 維持・修繕

概要

エマルテック遮水工法は、ポーラスアスファルト舗装(排水性舗装)において、既設の基層アスファルト混合物を雨水の影響から保護するために、基層の上に遮水層を形成する工法です。
エマルテック遮水工法には、把握力の強い高濃度改質アスファルト乳剤「タクミゾール」と、付着性に優れたプレコート骨材「ロメンチップ」を使用します。
ポーラスアスファルト舗装は雨水を浸透するため、切削オーバーレイを行った場合、基層の遮水性が十分でないと、骨材がはく離して早期に破損する恐れがあります。

特長

  1. 優れた遮水性により、雨水の基層下への侵入を防ぎ、舗装の延命が図られます。
  2. リサイクル可能であり、次回の切削時にも再生骨材として利用できます。
  3. 専用機械(ロメンマックⅡ)で骨材と乳剤を高精度に敷均すため、品質の高い遮水層を形成します。
  4. 切削オーバーレイ時に、遮水対策として基層を舗設するより経済性に優れています。

用途

  • ポーラスアスファルト(排水性)舗装の切削オーバーレイ時の遮水層