サーフトリート工法

アスファルト乳剤系表面処理工法

経済性 維持・修繕

概要

サーフトリート工法は、老化の進んだ舗装や面荒れした舗装のリフレッシュを図る表面処理型の予防的維持工法です。
サーフトリート工法には、無機フィラー入り改質アスファルト乳剤「STゾール」と「STサンド」を使用します。

特長

  1. 不透水性で耐候性が高く、舗装の延命が図られます。
  2. 薄層オーバーレイより安価で、経済性に優れます。
  3. 常温で施工できるため、環境に優しい工法です。
  4. 適度なきめを有しており、すべり抵抗性を改善します。

用途

  • 面荒れした舗装のきめ深さの改善
  • 舗装表面の保護(劣化・風化の抑制)
  • 空港標識の消去