セロシールSS-B工法

アスファルト加熱型塗膜系床版防水工法

概要

セロシールSS-B工法は、アスファルト加熱型の塗膜系床版防水工法です。
コンクリート床版(RC・PC床版)、鋼床版上にプライマーとして「カチコート」を塗布し、塗膜系防水材「セロシールSS-B」を塗布します。
塗布後には付着防止として4号珪砂を散布します。
「道路橋床版防水便覧」の塗膜系床版防水層(アスファルト加熱型)防水材の標準的品質に適合します。

特長

  1. 溶融時の粘度が低く、作業性が良好です。
  2. 施工終了後の養生を必要としません。
  3. シート系床版防水工法と比べ、日当たり施工量が多くなります。

用途

  • コンクリート床版、鋼床版の床版防水層
  • 鋼床版の高張力ボルト部の防水層