MR2工法

マンホール上部補修工法

環境 耐久性 維持・修繕

概要

MR2工法は、マンホール上部の補修工法です。
マンホール上部と舗装面に生じた段差の解消や、鉄蓋・鉄枠の老朽化にともなう取替工事などを低騒音、低振動で迅速に施工できる工法です。また省スペース・低コストでもあり、夜間や住宅地でも安心です。

特長

  1. マンホールリムーバにより、低騒音、低振動で施工が可能です。
  2. 超速硬無収縮のMR2モルタルにより、作業時間が大幅に短縮できます。
  3. 作業着手から交通開放まで2時間以内であり、交通量の多い場所でも施工できます。
  4. 傾斜地や路面に多少不陸がある場所も、スペーサーを使用し施工できます。
  5. 道路舗装工事に伴う交通障害(段差)を解消し路面の平たん性も向上します。

用途

  • 夜間や住宅地など騒音・振動が気になる箇所の補修
  • 交通量の多い場所や交通規制が難しい箇所での補修
  • 早期交通開放が必要な箇所の補修
#