MR2-AB工法

マンホールの事前撤去・表層後再設置工法

環境 耐久性 維持・修繕

概要

MR2-AB工法は、マンホール上部の後付け工法です。
切削OLや打換え工事において、基層までの状態で開放する時に生じる段差を無くし、安全確保のため、マンホール上部を撤去してから仮復旧を行い、表層完了後に再度マンホール上部を設置する工法です。

特長

  1. マンホールリムーバにより、低騒音、低振動で施工が可能です。
  2. マンホールによる段差がないので、通行車両による騒音・振動が発生しません。
  3. マンホールによる段差がないので、歩行者が安全に通行できます。
  4. 表層舗設の際、「平坦性の向上」「締固め密度の確保」など、出来形の向上につながります。

用途

  • 夜間や住宅地など騒音・振動が気になる箇所の補修
  • 交通量の多い場所や交通規制が難しい箇所での補修
  • 早期交通開放が必要な箇所の補修
#