タクミゾール

高濃度改質アスファルト乳剤(エマルテック工法用)

概要

タクミゾールは、「エマルテック工法」に使用するカチオン系改質アスファルト乳剤です。
エマルテック工法には、表面処理(チップシール)としての「エマルテック工法」(超薄層常温型機能性舗装)、じょく層としての「エマルテックSAMI工法」および「エマルテック遮水工法」があります。

特長

  1. ポリマー改質アスファルトを乳化した改質アスファルト乳剤であるため、骨材把握力に優れています。
  2. 高濃度であり、通常の表面処理用乳剤より分解が速いです。

用途

  • エマルテック工法(エマルテック工法、エマルテックSAMI工法、エマルテック)
  • エマルテック工法専用のエマルジョンフィニッシャ(ロメンマックⅡ)により、タクミゾールとロメンチップ(プレコート骨材)を高精度に敷きならすことができます。