クリーンファルトAFH

ポリマー改質アスファルト(中温化再生加熱アスファルト舗装用)

環境

概要

クリーンファルトAFHは、プレミックスタイプの中温化改質アスファルトです。
クリーンファルトAFHを用いた再生アスファルト混合物は、ポリマー改質アスファルトⅡ型を用いた混合物と同様の混合物性状を示します。
再生材混入率が30~50%の改質アスファルト混合物に適用します。

特長

クリーンファルトAFHは、ポリマー改質アスファルトⅡ型と比較して以下の特長があります。

  1. ポリマー改質アスファルトⅡ型よりも針入度が大きいため、骨材とのなじみが良く、再生改質アスファルトの性状を大幅に改善します。
  2. 混合物の製造温度を約30℃低減できます。
  3. 混合物の出荷温度を低減できることから、交通開放温度に達するまでの時間が短縮できます。
  4. 混合物の性状は同等です。
  5. 通常のポリマー改質アスファルトⅡ型と同様の温度で製造した場合、施工可能な時間を大幅に伸ばせるため、寒冷期の施工に適しています。

用途

  • 製造時のCO2排出抑制を目的とした重交通路線のアスファルト舗装
  • 早期交通開放を求められる重交通路線のアスファルト舗装
  • 寒冷期の工事や、遠隔地で運搬距離が長いなど、可使時間の延長が求められる重交通路線のアスファルト舗装

突固め温度と締固め度の関係(密粒度アスファルト混合物(13))