道路・舗装管理

最新の計測・情報処理技術により舗装の維持管理情報を提供しています。

路面性状自動測定車 ロメンキャッチャーLY

道路の保全は、社会資本整備の中でもストック量の多さから、効率的な管理が重要な課題となっています。
ニチレキは、この対応を支援するために各種の調査計測機器を保有しています。ロメンキャッチャーLYシリーズは、(財)土木研究センターで認定された路面性状自動測定車であり、路面性状の「ひび割れ」「わだち掘れ」「平たん性」の3要素を同時に測定します(平成22年4月現在、4台保有)。

合理的に道路を維持管理するためには、上記、路面性状データに加えて道路管理・特性データ、補修履歴データ等、道路の基本情報を適切な形で整備・保存・更新していくことが肝要となります。このため、ニチレキは、コンピュータを活用した総合的な維持管理システムを構築し、適切な情報を提供します。

道路・舗装管理システム ROCS