過去のイベント

−万華世界の連作版画− ダリ・ベルメール・フンデルトワッサー・瑛九・永井一正 ら 東西10作家

2007年1月11日(木)〜2007年3月31日(土)毎週水曜日休館

−万華世界の連作版画−

当館のコレクションにある数多くの連作版画のなかから、昨年の「版画の銀河鉄道」に続く第二回目の同じ趣旨の展覧会をおこないます。

今回のテーマ「万華の版画世界」の「万華」とは、「千変万化」から来ています。それとともに「万華鏡」の「万華」から来ていて、両方をあわせた合成語です。

それが意味するところは、展示する作者の顔ぶれを見ると、すぐに分かります。

ヨーロッパ系では、ダリ、ベルメール、アペル、フンデルトワッサー、ブラウアー、ノーランです。ダリはその代表者であり、幻想画家最大の人で、文字どおり「万化」=「万華」する世界像を最高に表現しています。

日本では、瑛九、永井一正、尾崎愛明、宇佐美圭司の作品が並びます。瑛九は画家として、この美学を先駆し、写真の領域にも踏みこんで、フォト・デッサンの実績をおこない、やはり「万化」=「万華」を見事に展開しました。

これら二人にとどまらず、全作家がそれぞれの企図と技法を以って、連作のなかに繰りひろげるイメージの豊かさと美しさには、思わず眼を見張ります。

作者と一緒に想像力をふくらませて、「万華世界」を楽しみましょう。

個展開催多数(日本、中国、オーストラリア)
展覧会出品、受賞多数(安井賞展、前田寛治大賞展<佳作賞>、
長野オリンピック国際公募「小さな絵画、大きな輪展」<優秀賞>ほか)

  • このページのトップへ
copyright(c) NICHIREKI Co.,Ltd. All rights reserved.