過去のイベント

静けさが形となる時
西田藤夫展 イタリア三十五年

2014年10月16日(木)〜2015年1月13日(火)
休館日:毎週水曜日(7・8月は無休)


西田藤夫展

1950年神戸市生まれ。金沢美術工芸大学油画科卒業後、高校美術教員につきながら画家を目指す。
1980年イタリアルネッサンス美術にあこがれてイタリアに渡リ、ブレラ美術学校に学ぶ。
1983年頃よりイタリアのラ・キオッチョラ画廊(パドヴァ)、32画廊(ミラノ)、スタジオF・22 (ブレッシャ)や日本の高島屋(大阪、名古屋、日本橋)やフジヰ画廊(銀座)などで作品を発表している。
現在イタリアのスイス国境の近くにあるコモ郊外に住み制作活動を続けている。
作品には、まるでヨーロッパの石造建築のような堅牢で永遠性を感じさせる油絵の伝統を追い求めながら、そのなかにもそよ風が吹いているようなたおやかな静物画が描かれています。
本展では、初期の作品から今回新たに制作した「表層陰影」までイタリアで制作した油彩画と水彩画あわせて42点の静物画で構成し、西田芸術の画業を辿る初の回顧展となります。
透明感溢れる静謐な世界をごゆっくりとお楽しみください。

  • このページのトップへ
copyright(c) NICHIREKI Co.,Ltd. All rights reserved.