県営一般農道整備事業川根2期地区舗装工事

表彰の概要

工事名 県営一般農道整備事業川根2期地区舗装工事
工期 平成24年11月3日~平成25年4月30日
事務所名(発注者) 広島県西部農林水産事務所
工事概要 延長L=2,594m 幅員6.5m
不陸整正 18,000m²、下層路盤工 15,200m²、上層路盤工 17,940m²
表層工 17,800m²、アスカーブ設置 1,730m、区画線工 7,780m、
ガードレール設置 2,160m
表彰理由 当現場は安芸高田市(旧高宮町)川根地区と、同じく旧高宮町羽佐竹地区(小字原山)を結ぶ一般農道川根原山連絡農道で、今回の舗装工事の完成で全線開通した。道路改良に伴う舗装新設工事で、工事区間外をロードスイーパーで清掃を行うなどの地域貢献を実施した。創意工夫として、浸透性が高くベタツキが少ないプライムコート用乳剤(ペネコートE)を散布した。また、環境対策として移動式仮設トイレを使用したり、油の誤流出対策として油分解剤の常備・生分解性付着防止剤を使用した。交通管理としては過積載防止対策のためポータブルトラックスケールを使用した。これらの現場の取り組みやNETIS商品の積極的な活用、発注担当者の綿密な打ち合わせが高く評価された。

現場写真

表彰状