新東名高速道路 海老名南JCT~厚木南IC間舗装工事

表彰の概要

工事名 新東名高速道路 海老名南JCT~厚木南IC間舗装工事
工期 平成29年3月18日~平成30年4月11日
事務所名(発注者) 中日本高速道路株式会社 東京支社
工事概要 アスファルト舗装工 64300m²,セメントコンクリート舗装版工 1350m²,
床版防水工(高性能床版防水) 49200m²,セメント安定処理路盤工 13200m²,交通安全施設工 他
表彰理由 施工区間は連続高架橋であり、本線進入箇所が限られる中、開通に向けた各工事との工程調整を積極的に実施した。連日の降雨など厳しい気象条件のであったが、本体引き渡しから5か月という短い期間で 工事を完成させた。
また、自社請負の現場だけではなく、他工事の現場を意識し、全体工程会議時にはハザードマップや事故事例の周知、現場では他工事の安全への指摘を行う等、現場全体の安全意識向上につながる行動を行った。
更には、重機の挟み込み防止措置としてバックセンサー等の対策や、熱中症対策の拡充、一般道を運行するダンプへの指導徹底(ドライブレコーダーの装備等)など、労働災害撲滅へ向けた取り組みや、一般道における交通事故対策が積極的であり、且つ、無事故で現場を終了させたことが高く評価された。

現場写真

現場写真

現場写真

現場写真

表彰状