舗装(アス)第020号 平成29年度緒絶川周辺道路石畳風舗装工事

表彰の概要

工事名 舗装(アス)第020号 平成29年度緒絶川周辺道路石畳風舗装工事
工期 平成29年9月8日~平成30年1月19日
事務所名(発注者) 大崎市建設部都市計画課
工事概要 延長 右岸L=100.6m 左岸 L=54.3m 幅員2.0m~6.0m
舗装版破砕 410m²、不陸整正 410m²、基層工 410m²、表層工 410m²
セメントミルク浸透工 410m²、ショットブラスト 410m²、デザインカット 410m²
表彰理由 当現場は大崎市古川の中心を流れる緒絶川の周辺空間整備計画に伴い、かむろ(商業施設)や緒絶川周辺の歴史的環境、景観、歩きやすさに配慮した歩行者空間の拡充により、古川地域らしい歴史的魅力の活用による街中の回遊性、滞留性の向上を図る方針のもと発注された工事であった。
本工事は緒絶川の両岸の石畳風舗装工事であり地域住民の方々には、役所担当者と協力しあい施工前に全てのお宅や商業施設を回り工事について説明を行った。
創意工夫としては①セメントミルク浸透工においてセメントミルクの流出を防ぐため、枕土嚢の設置、養生テープの貼付の二重の流出防止対策を行った。②施工区間外からの砕石が入るのを防ぐためブロックの設置を行った。③舗装時の油流出対策として緊急用油液処理キットを現場に配置し作業を行った。④現場内に架かっている橋の塗装を行った。⑤高欄照明の設置時に、景観を損なわない為に高欄照明の台座をセメントで打設した。etc…良い得点、出来形・品質を残すために役所担当者と密な打合わせを行い、使用する材料の管理もしっかり行った。最終的には役所担当者と良好なコミュニケーションがとれたこと、良い品質・出来形を残すことができ表彰を受けることが出来ました。

現場写真

現場写真

現場写真

表彰状