MENU

道路橋床版防水工法

METHOD

マルチフレッシュ工法

高浸透型複合防水工法

概要

マルチフレッシュ工法は、コンクリート床版の貫通ひび割れや微細なひび割れにも高い浸透性と接着性を有するプライマーと、アスファルト舗装との接着に優れ、施工時における重機タイヤへの付着を抑制する加熱塗膜系防水材の2層を塗布する複合防水工法です。

特長

  1. 一次防水層であるマルチプライマーと二次防水層であるフレッシュコートを併用することで複合防水効果が得られます。
  2. 高い浸透力があるマルチプライマーが、発生したコンクリート床版のひび割れ内部に深く浸透します。
  3. ひび割れ内部にマルチプライマーが深く充填・接着することで、床版の剛性の向上と疲労耐久性の向上が期待できます。

マルチフレッシュ工法の構成断面

用途

  • コンクリート床版の貫通ひび割れ
  • 特に交通規制や早期交通開放が要求される箇所、床版下面からの対策が困難な箇所など施工上の制約が大きい箇所
#

マルチプライマーの混合

#

マルチプライマーの塗布

#

4号珪砂の散布

#

フレッシュコートの塗布

 

BACK