ロメンキャッチャーFWD

たわみ量測定車

調査・コンサルティング

概要

ロメンキャッチャーFWDは、路面に衝撃荷重を与え、その時に生じるたわみ量を計測する非破壊調査システムです。
制御・記録は、すべてコンピュータが行い、条件設定・自動計測を対話方式で安全で簡単に行えます。衝撃荷重、たわみ量、時間、位置、温度の各種データがその場でコンピュータの画面に表示され記録します。
#

特長

1. たわみ量の解析

  • たわみ特性から既設舗装の健全度判定ができ、また、要補修区間の工区割りに利用出来ます(たわみ量縦断図)。
  • 適切な補修工法(切削OL、打ち換え)を選定出来ます。
  • 現状のCBRの推測も出来ます。
#

補修の要否判断(たわみ量縦断図)

2. 応用解析

  • 既設舗装構成の中で、どの層が悪いのかを診断することが出来ます。
  • その結果に基づき、適切な補修工法の検討を行うことが出来ます。
  • ロメンキャッチャーVPと組み合わせることにより、補修区間の選定が効率的に行えます。

仕様

移動方法 車載型
載荷方式 複重錘式または単重錘式
載荷荷重 2.5/5/8/最大10ton
載荷板直径 300mm
センサー位置 0/200/300/450/600/750/900/(1200)/1500/2000mm
最大たわみ量 2.2~5.0mm
制御・記録装置 パーソナルコンピュータ
データ保存方式 HDD/フラッシュメモリーなど
温度設定 気温/路面

測定システム概念図