MENU

道路・舗装管理

PAVE

道路インフラの点検・診断・措置・記録のメンテナンスサイクル構築を一貫して支援、
道路舗装や橋梁の老朽化対策・長寿命化に貢献します。

社会生活になくてはならない道路舗装や橋梁といった社会インフラは、近年老朽化が進んでおり、適切な維持管理が求められています。
ニチレキは、膨大な社会インフラの管理を支援するために、道路舗装の損傷状態を点検する「路面性状測定車(ロメンキャッチャーシリーズ)」、道路舗装の内部の健全度を診断する「舗装たわみ量測定車(FWD)」、橋梁内部のコンクリート床版上面の損傷範囲を点検する「床版非破壊調査車(床版キャッチャー)」等、各種調査機器を保有しています。
これらの調査機器とICT、AI技術を活用して、道路舗装や橋梁の損傷状態を効率的に点検・診断します。さらに、診断結果に基づく最適な補修方法・維持管理計画を提案することで、メンテナンスサイクルの構築を支援し、インフラを長寿命化へ導き、安全、快適な社会生活に貢献します。

点検-AIで迅速な解析

ロメンキャッチャーLYJr.

舗装路面の損傷状態を点検する路面性状測定車

床版キャッチャー

橋梁内部のコンクリート床版上面の損傷範囲を点検する床版非破壊調査車

診断-適切な補修工法を選定

舗装たわみ量測定車(FWD)

舗装の内部の健全度を非破壊で調査する舗装たわみ量測定車(FWD)

床版内部微破壊調査

橋梁のコンクリート床版内部に発生する水平ひび割れの微破壊検査工法

記録-道路予算に合わせた最適な補修計画を立案

ROCS Lite web

点検結果をweb上で閲覧する地図・画像表示システム

補修予算シミュレーション

点検結果をもとに補修予算シミュレーションを実施、将来必要な補修予算を把握


BACK