PRMS工法

樹脂系モルタル工法(ポーラスアスファルト舗装表面強化工法)

環境 景観 安全性 耐久性 維持・修繕

概要

PRMS工法は、透水性レジンモルタルをポーラスアスファルト舗装の表面の空隙に充填する樹脂系モルタル工法です。ポーラスアスファルト舗装の路面を強化し、機能の維持・延命が図られます。
PRMS工法には、高耐久性、速硬化性に優れた高性能レジンバインダと特殊粒径の細骨材を使用します。

特長

  1. 路面の強化が図られ、交差点のねじりや寒冷地のチェーンによる骨材飛散を抑制します。
  2. 低騒音機能を維持します。
  3. すべり抵抗性が向上します。
  4. 空隙詰まりが抑制できます。

用途

  • 交差点や車両停車部
  • カーブやバスレーン等過酷な供用条件下のポーラスアスファルト舗装
  • 高速道路インターチェンジ進入路・サービスエリア・パーキングエリア
  • 駐車場
  • 寒冷地のポーラスアスファルト舗装
#

施工前

施工後

PRMS多機能工法

※凍結抑制を目的に、ゴムチップを主体とした弾性モルタルを充填するPRMS多機能工法もあります。

#

施工前

施工後